まもなく

チケット予約受付開始です!!

会長と4人のメンバーからはじまりました

スタッフさんに御協力頂き、
各方面の方々のお力添えを頂き、
お友達にお手伝い頂き、
キャストさんにお集まり頂き、

そして

この全てのご縁がお客様へと繋がろぅとしております

ドキドキでワクワクです


ゲッティカンフェティにて
12月1日、00時 受付開始!

☆TEAM 花時 記念すべき旗揚げ公演☆

是非に (^□^)宜しくお願い致します。


TEAM花時 制作部

空手道への道9


体力を回復する時間は十分ではない事は明らかだった。

開始直後の連打も、足が上がらなくなり、パンチにも力が入らない。

それでも、懸命に戦い続ける姿は、素人とはいえ感動を覚えるものであった!

1分間、互いの死力を尽くし、試合は再度判定へと委ねられた。

審判の旗が上がる…
「赤・白・赤・白!」

なんと、五分五分!
しかし、再延長はない…

判定は主審の判断によって決まる…

あの時の主審の顔は今でも目に焼き付いている。

「え?マジで?オレが決めんの!?」的な。

それ位、お互い一歩も退かぬ接戦だった。

一瞬の間…

「白!!!!」


白帯の藤原が、青帯の巨漢の選手に大健闘を見せた。

しかし、結果は・・・相手選手(白)に軍配が上がった。

空手家、藤原新太の初戦は終わった。



いさむ

空手道への道8


息を飲んで判定を見守る応援団。

なによりも両選手がソレを思っていた。

審判の旗に全員が注目…

「ひ・・・・・…引き分け!」

マジっすか!?





1分の延長戦。

先の試合でお互い体力の限界は迎えている。

開始までのわずかな時間で、出来る限り息を整える。

そして、延長戦「初め!」



いさむ

Info. 【新太君版】

DSC_0210.JPG
本日、代官山ASOにて、うつみ宮土理さんの
ランチ&ディナーショーがございます。

新太君も出演致します。


Info.

ランチ  12:30受付/14:30ショー
ディナー 18:00受付/20:00ショー

@代官山
RISTORANTE「ASO」



TEAM花時制作部

ライブ姉さん

111121_2208~01.jpg
久しぶりのなしこ姉さんのお芝居!

久しぶりで、緊張してたみたいなのですが、ところがどっこい恋愛シーンを演じまくってました。

1月の舞台では、演出補佐でみんなを支えてくれる頼りになるなしこ姉さんでありました。

写真は、ライブ会場にニュートラルなテンションで登場したイサム君。


TEAM花時 俳優部

リハーサル中です

DSC_0204.JPG
普段、制作部の梨子ですが、
本日は、出演してきまス

忙しい時期に、出演を許してくれたチームの皆様、
ありがとうございまス

只今、リハーサル中

久し振りの本番を前に緊張気味の梨子でした


空手道への道7

相手選手の動きが明らかに鈍くなった。
ひたすら打ち続けたローキックが効いたのだ!

今だ!
一気に畳み込むチャンスだ!!

しかし、効いているのは相手選手だけではなかった。
藤原選手の動きにも、鋭さがなくなっていた。

お互い体力的にも厳しくなっているのは見て取れる状態だった。

それでも、藤原選手は我武者羅に前に出続けた!
相手も必死に応戦する!
もはや気力と気力の戦い!五里霧中!!

「やめっ!!」

試合終了。



両選手が中央に集められ、結果は判定に委ねられた・・・。



ニュートラルいさむ

お祝いの巻

本日は

我がTEAMの ニュートラル担当

野村勇くんのお誕生日です


元気に生まれてきたね。おめでとう。

ギアトップに入れる勇くんを楽しみに待ってます。


やるのかい?やっちゃうのかい? 勇くん?

やーる!!!!    …のだよね?


とりあえず…

空手道への道の続きを早く書きなさい(@ ̄□ ̄@;)!!




TEAM花時 制作部


空手道への道6


「始め!!」の掛け声で両選手が一気に打ち合う!

彼は試合前日、冗談交じりにこんな事を言っていた。

「2分で負けたらゴメン」

いやはや、そんな言葉とは裏腹に接戦を繰り広げているではないですか!

空手を始めて数ヶ月の男が、青帯相手にめちゃめちゃいい試合をするんです!




某飲食店勤務、Tくんはこう語っていました。

「試合ですか?行きますよ。藤原さんがボコボコにされるのを見に。」

藤原さん!
どんな人付き合いしてるんすか!(笑)

お互い、一歩も引かぬ攻防が続き、試合開始1分が過ぎた頃・・・



いさむ

空手道への道5

到着!

学校のレポート試験は難しく、頭がふわふわとしたなかで、藤原君を見つけた。

試合まで、あと5分。
にも関わらず、少し余裕な表情。

というのも、試合相手が棄権をし不戦勝試合!
トーナメントは先に進むべく、心の準備は整えていた。
不戦勝試合の形式として、1人でもリングに上がり勝敗がつく。
何もせず1回戦勝ち!

のはずだった。
よく見ると、向かい側に青帯の恰幅のよい人が立っている。無心で見つめた。応援に来ていた誰もが、唖然としていた中で、誰よりも不意をつかれたのは紛れもなく藤原君であった。




どうして、そこにいるのかな?そんな気持ちとはうらはらに時は無情にも流れる。

試合開始!

人生なにがあるか分からない。だから面白い。

さあ、どおなる。
行くのだ!ゆくがいい!
続くの巻き…
やべともこ


calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM