青春モール キャスト紹介

image1.jpeg
(写真左:佐々木彩加さん 右:上石裕己さん)

今月23日から三鷹で始まる舞台、
「青春モール 〜楕縁の結び方〜」の稽古場


今回は対談形式で、
キャストインタビューしていきます!
ゲストは、
佐々木彩加さんと上石裕己さんです!
中々絶妙なバランスで作中に関わる御二人。
作品名にもある『青春』というワードを通して、加藤伸二、北野文智、萩原康雄が、
御二人の魅力に迫っていきます。

では、早速伺いましょう!


〜対談〜


北野:今までで1番青春したことは?


佐々木:そうだなぁ…、部活やバイトが何も無い日に、放課後教室にいつまでも残って友達とお話したり、課題やったりしてダラダラ過ごしてて、先生に早く帰れって言われてから帰ったりしてたのが、やっぱり高校生ならではの青春というか、出来たことなのかなぁと思ってしまいます(笑)

上石:高校生のときの部活!!
どうしてもその高校(進学校)の放送部に入りたくて、ちょっと無理して入学しました。
部活はみんなで番組作ったり、アナウンスや朗読の練習したりで、喧嘩したり大変なこともあったけど、ホンマに楽しかったし、今ではいい思い出です!!(^^)
でも、やっぱり勉強がついていけなくて…。
それは苦労しました(^^;


加藤:もし高校生に戻れるとしたらやり直したいことはありますか?


上石:勉強…。
部活をしたいがために、その高校に入って、部活中心の生活で、勉強をあまりしてなかって、勉強はどんどん難しくなるから、成績は落ちる一方…。
勉強することは好きなので、もっと気合い入れてしてたら、今とちょっと違う人生やったかもって思うこともあるなぁ。

佐々木:学生でしか出来なかったことを存分に!その中でも特に部活ですかね。
私、部活3つ掛け持ちしてたんですが、もっと上手く立ち回って、それぞれの部活でもっとやれることはあったんじゃないかって。
ちなみに、バレーと放送と軽音楽やってました!


萩原:学生時代を振り返っていただいた御二人、ズバリ今、一番離したくない物はありますか?


上石:仕事!!
役者がしたくて田舎から出てきたから、仕事がいただけるなら離したくないー!!
なんのためにわざわざ上京したんや!?ってならないように、仕事を優先して今は生きてます(^-^)

佐々木:ご縁、ですかね。
縁があって今の私がいるので最初から最後まで、離れるその時が来るまでは全力で離さないように一つ一つ大切にして行きたいです。


〜終わり〜


そう彼女達は言い残し稽古に戻りました。
青春としっかり向き合った二人だからこそ、
見つけたもの。
そして、これから掴んでいくもの。
作中で輝く二人の理由が言葉の中に詰まっていました。こんな二人の進化を感じる舞台が、まもなく開演します。


【公演情報】
TEAM花時。
企画プロデュース公演第15ラウンド
『青春モール~楕縁の結び方~』
三鷹・武蔵野芸能劇場
2019年5月23日(木)〜27日(月)

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM