サバイバルゲーム キャスト紹介12人目

image1.jpeg

放送席実況『さぁ、まもなくヒーローインタビューが始まります。』



放送席、放送席!

チーム花時。ブログをご覧の皆さん!

萩原康雄です!

本日のヒーロー花時。の伊達男、

山形啓将選手にお越しいただきました!



萩原『ナイスプレイですね!』


山形『ありがとうございます。』


萩原『チーム花時。メンバーとして今回13ラウンド(公演)となります。『SURVIVAL GAME〜7人の命〜』は、どういう魅力を感じますか?』


山形『ワークショップから派生した作品であるということが、まず一つだと思います。

そのベースから藤原新太さんの花時。らしさや、肉付け、ストーリーを産み出していただいた中に、命と向き合うサスペンスという、人の想いは、強くなればなるほど、悪いようにも向かう力が増幅する。各キャラクターの想いの強さが魅力だと思います。」


萩原『そんな『SURVIVAL GAME〜7人の命〜』山形選手の役どころを、演じるにあたり苦労している事は何ですか?』


山形『自閉された空間に閉じ込められるということ。ですね。。。短い?これ短い?』


萩原『ありがとうございます!

ではみんなが気になっていた質問です!山形選手のリラックス法を教えて下さい!』


山形『最近は家でぼーっと映画を観ること。

あと、ストレッチをすることですかね。

ぜんぜん硬いんですけど。全然硬いんですけどね。』


萩原『そんなエキサイティングな山形選手、今公演の共演者で気になる方はいらっしゃいますか?また、それは何故ですか?』


山形『えっ!!なんですか?恋とかの話ですか!?恥ずかしい感じのヤツですか?

違いますかね。。。

萩原さんですね。

同い年だし、凄くパワーがあって。

自分とは違うものが大いにあるので、本番楽しみにしてます。

これでいい?これでいい?』


萩原『後で反省会ですね。では最後に13ラウンド『SURVIVAL GAME〜7人の命〜』への意気込みをお願いします。』


山形『サバイバルゲーム。もしも本当にゲームに参加させられたら。。。リアリティを持ってお届け出来ますように。』


萩原『期待しています!!本日のヒーロー山形啓将選手でした!』



放送席実況『はい、ヒーローインタビューをお読みいただきました。次戦はいよいよ13人目、どういった言葉の投げ合いになるのか、注目の一戦です。では今回はここまで。ありがとうございました。』


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM