サバイバルゲーム キャスト紹介11人目

image1.jpeg
まず、今回のインタビューはスガシカオの『Progress』を聴きながら読んで頂けると嬉しいです。

〜TEAM花時ブログリレー〜




俳優 萩原康雄




〜萩原の流儀〜



〜今回はお忙しい中インタビューを快く受けてくれました。〜

今回はよろしくお願い致します

萩原『よろしくお願い致します』

〜今まで沢山の作品に出演されててると思うのですがなぜ芸能の世界に入ろうと思ったのですか?〜

萩原『12年ほど剣道をやってた時期があって、結構強かったんだけど(笑)
やっぱり剣道の世界にも化け物と呼ばれる天才は沢山いて。剣道での日本一を諦めたんだ。そこから自分が剣道以外で自分の道で日本一を追求しようと思って、色々考えたり暴れたりして、気付いたんだ。
俺には剣道という感覚が根付いてると。
この感覚で過去を振り返った時、
一番好きだった場面が大会での決勝戦。
剣道大会の決勝戦って見ず知らずの人とかもみんな、その試合を観てるんだよ。対戦してる相手や自分だけじゃなくて、その時の観客も緊張感を一緒に共有してるというか、会場の一体感がその瞬間にあるんだよ。それに近い感覚を得れる世界を探したら、ここ(芸能)だった。』

〜なるほど。・・・
剣道を長年やって来て培ったものもあり、殺陣が凄くカッコよかったのですが時代劇等は好きなんですか?〜

萩原『もう大好物!特に大河ドラマは鉄板!歴史オタクだから将来は歴史番組や歴史紀行とかやりたいね!』

〜そうですか。いつか
大河ドラマでも観れる日が楽しみです。
それ以外にも沢山スポーツが得意とありますが、一番好きなスポーツはなんでしょうか?〜

萩原『野球だね。元々、阪神ファンだし、仕事でDeNAベイスターズと絡んだ事もあるから、公私に縁を感じるし、30歳で野球初めたくらい好きだね!助っ人依頼はウェルカムだよ!』

〜いよいよ。舞台の本番まで残り僅かとなりましたが今回の舞台についてはどんな想いですか?役の感想等も頂けると嬉しいです。〜

萩原『実はストレート舞台ってのは、初めてなんだ。だから非常にワクワクしているよ!
主宰で演出のシンタ・フジワラはエキサイティングな現場を提供してくれてるし、彼の書いた作品は最高だよ!
俺がやる役は、、、秘密だけど(笑)
やり甲斐があるね!もちろん、俺は期待を越えたプレーをするつもりさ!』

〜最後に舞台にお越しいただける皆様に、又は観て欲しい方々に向けて一言お願いします。〜

萩原『チーム花時。を知ってる人も、
知らない人も、俺たち出演者と一緒にサバイバルに興奮してくれ!これは最高のゲームだ!』

これにてインタビューは終了です。
ありがとうございました。

インタビューが終わるとすぐに台本と向き合う真剣な眼差しです。
これは舞台が凄く楽しみです。
萩原康雄が気になった方はこちらの
Twitter:https://mobile.twitter.com/kobeboyintokyo

Instagram:https://www.instagram.com/y.s.o610222/


チェックして下さい。

俳優 萩原康雄のプロフェッショナルとは?

『やりきること。失敗や成功とかってのはあまり関係なくて、1秒の質を意識して過ごした積み重ねが重要になる。ヌルく生きるより、熱く死ねるように、やりきるってことかな。』

次回紹介キャストは明日27日にアップになります。
お楽しみに。


出演 萩原 康雄

語り はやし ゆうへい

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM